2015年01月23日

「ミセス・ロビンソン」はモダン!

今日は花金です。

仕事から帰って、ノルマのインターバル速足を行う。

すぐに風呂に入って、そして食事を済ませる。

今、コーヒーを飲みながらサイモン&ガールファンクルの

「ミセス・ロビンソン」を聴いています。

そばには、ブルーフレームのアラジンストーブが部屋を

暖めてくれる。

それにしても、「ミセス・ロビンソン」のアコースティックギター

のリズム感あふれる音色はモダンでおしゃれで最高である。

あらためてすばらしい楽曲であることを再認識いたしました。






posted by porigucci at 21:57| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

音楽を聴くことはいいですね!

ラジオからサイモン&ガールファンクルの

「明日に架ける橋」が流れてきた。

サイモン&ガールファンクルといえば、美しいハーモニーと

アコースティックギターの響きが印象的なポピュラー・ミュージシャン

である。

「明日に架ける橋」は1970年にリリースされた楽曲で、

すでに45年の歳月が経っているにもかかわらず

古さを感じさせないすばらしいポピュラー音楽である。

他にも代表曲である「サウンド・オブ・サイレンス」、「スカボローフェア」、

「ミセス・ロビンソン」、「ボクサー」など私の好きな楽曲が

たくさんあって気に入っています。

サイモン&ガールファンクルに限らず、音楽を聴くということは

本当にいいですね!



posted by porigucci at 23:33| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

チキン・ガーリック・ステーキの四季「冬」

カーラジオ(NHK−FM)をつけると

チキン・ガーリック・ステーキが歌う

ヴィヴァルディの四季「冬」第2楽章が流れてきた。

それもアカペラである。

そもそもチキン・ガーリック・ステーキがアカペラの

グループということさえ知りませんでした。

それにしても、ヴィヴァルディの四季をアカペラで

歌うなんて本当に斬新な印象を受けました。

アカペラもさることながら人間の声というものは

すごい!の一言です。








posted by porigucci at 22:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

21番を聴く

今日は午後に一時雨が降ると予報されていたが、

結局、雨が降ることはありませんでした。

夕方、インターバル速歩を行うために外へ出たところ、

冷たい北風が吹いており少し肌寒かった。

部屋の中ではまったく寒さは感じられなかったのに。

今、NHKのクラシック音楽館でモーツァルト・

ピアノ協奏曲第21番を聴きながらブログをアップしています。

ピアニストは2010年ショパン国際ピアノコンクール第一位の

ユリアンナ・アヴデーエワ(ロシア)です。




ピアノ協奏曲第21番は第2楽章が映画やCMなどで

使用されています。

モーツァルトのピアノ協奏曲は21番もよいが20番は

もっと素晴らしい。

クラシックファンでなくても、一度聴いてみてください。





posted by porigucci at 22:13| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

アーノンクールのモーツァルト交響曲第40番

仕事を終えてカーラジオ(NHK・FM)をつけると、

モーツァルト交響曲第40番が流れてきた。

40番(カラヤン&ベルリンフィル)は車の中で時々聞いていますが、

ニコラウス・アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

の演奏は初めてであり何か新鮮さを感じて、つい聴き入ってしまった。

因みにニコラウス・アーノンクールは、

小倉市民会館で古楽器によるバッハのマタイ受難曲をライブで

聴いたことがあります。


<SONY SICC30170−1>



posted by porigucci at 23:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする