2018年05月11日

ベートーヴェンピアノ・ソナタ「悲愴」が流れてきた

カーラジオ(NHK・FM)からベートーヴェン「ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調

作品13 悲愴」が流れてきました。

ピアニストは今ではベートヴェン弾きと言われているルドルフ・ブッフビンダー。

ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 悲愴」を聴くのは

本当に久しぶりである。

私はこのソナタの第2楽章のメロディがとても美しく気に入っています。


murata7.jpg

写真は由布院の山荘無量塔(sansou-murata)が運営しているアルテジオ(artegio)で、

音楽にまつわるアート作品を集めた施設です。

白い壁にベートーヴェンの肖像画が掲げられています。



posted by porigucci at 23:54| 福岡 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

加山雄三の「恋は紅いバラ」が流れてきた

カーラジオから加山雄三の「恋は紅いバラ」が流れてきた。

イントロのI love you, yes I doから始まる「恋は紅いバラ」は、

私にとって本当に懐かしいバラードソングである。

初めて聞いたのが高校1年か2年生の頃だと思います。

LPレコード「加山雄三のすべて」を姉からプレゼントしてもらい、

ギターでいつも「恋は紅いバラ」を歌っていました。

特に英語バージョンの「DEDICATED」がお気に入りでした。

写真で加山雄三が抱えている白いエレキギターは、

モズライト・ オールドである。

恋は紅いバラ.jpg

最近のニュースで愛艇「光進丸」が焼失したことで若大将こと

加山雄三が落胆し悲しい表情をしていました。

「光進丸」は加山雄三にとって思い出のいっぱい詰まった大切なもの

だっただけに、本当に残念でなりません。

81歳という年齢からして、推定5億円ともいわれる光進丸を新しく

建造するのは難しいと思われるので火災で焼失したのが悔やまれます。

しかし、加山雄三はこれまでもいかなる困難をも乗り越えてきた人

なので、きっと元気な姿に戻ることでしょう。


posted by porigucci at 23:14| 福岡 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

ラジオから美空ひばりの「魅惑のワルツ」が流れてきた

カーラジオから美空ひばりの歌う「魅惑のワルツ」が流れてきた。

久しぶりに聴く「魅惑のワルツ」はとても心地よかった。

「魅惑のワルツ」はご存知かと思いますが、

オードリー・ヘプバーンと・ゲイリー・クーパ主演の映画

「昼下りの情事」の主題曲です。

印象に残っているのは、

オードリー・ヘプバーンがチェロを抱えているシーンが

とても可愛いかった。

それにしても、美空ひばりは洋楽を歌っても歌唱力が

素晴らしいですね。

 

posted by porigucci at 23:18| 福岡 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

カヴァレリア・ルスティカーナに癒される

今日は、BS朝日で映画「ゴッドファーザー Part3」を観る。

「ゴッドファーザー」は何度も観ているが、ついつい観てしまう。

そして、あの美しいカヴァレリア・ルスティカーナに酔いしれる。

あなたもご存知かと思いますが、ゴッドファーザー Part3の

ラストシーンで、オペラハウスから出てきたマイケル

(アル・パチーノ)と娘が階段で殺し屋に撃たれる。

マイケルは一命を取り留めたが、皮肉にも娘が死んでしまう。

娘を抱きかかえながらマイケルは悲しさのあまりに怒り叫ぶ。

そのシーンにカヴァレリア・ルスティカーナが流れてきます。

(このシーンは、YouTubeで観ることができます)

カヴァレリア・ルスティカーナはあまりにも美しいメロディなので、

マスカーニ(作曲者)のアヴェマリアとも言われます。

秋深まった夜長に聴くと、心が癒されますよ!

正式な楽曲名はMascagni オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」

から「天上の聖母よ」&「間奏曲」です。



posted by porigucci at 18:32| 福岡 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

ベートーヴェン第5番「運命」第2楽章が流れてきた

カーラジオからベートーヴェン交響曲第5番「運命」第2楽章が流れてきた。

あまりにも美しく優雅な旋律なのでつい聴き惚れてしまった。

ベートーヴェンの5番「運命」は高校の授業で音楽室のステレオで

初めて聴いた交響曲です。

それも、第一楽章冒頭のダ・ダ・ダ・ダーンという運命の扉を叩く

旋律のみ聴いて、後は眠っていたことを思い出します。

しかし、今は第一楽章のみならず全楽章を好きになっている

自分があります。

人間は性格は変えられないが、感性は努力次第で変えられる

ものだと知りました。

皆さんも是非、ユーチューブでベートーヴェン交響曲第5番「運命」

第2楽章を聴いてみてください。

それも、ヘッドフォンをつけてです。




posted by porigucci at 23:43| 福岡 ☁ | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする