2008年05月24日

律儀なブルガリア人

大相撲夏場所は、大関の琴欧洲が千秋楽を待たずに初の栄冠をつかみ取ったのです

きのうの13日目は、優勝を意識したのか負けてはしまったが、横綱の白鵬も負け精神的に救われたと思います。

父親も観戦のためブルガリアから駆けつけ、息子の優勝の瞬間を見守っていたという。

母親と祖母は本国で衛星放送を観戦し、大変な喜びようであったという。

琴欧洲は幕下時代、親を楽にさせたいという気持ちから給金のすべてを故郷に送金していたといわれる。

また琴欧洲は、先代佐渡ケ嶽親方(元横綱・琴桜、故人)という立派な指導者に恵まれていたことも幸いであった。

琴欧洲は今でも朝げいこが終わると、先代の仏前に手を合わせるという、もっとも律儀なブルガリア人であります。

こんなやさしい親孝行な琴欧洲を、これからも応援していきたいですね。

琴欧洲関、おめでとうございます!

posted by porigucci at 23:43| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

生意気で悪役的な朝青龍

最近、相撲がおもしろい。

琴欧洲が昨日の朝青龍につづき、今日も横綱である白鵬に土をつけ12戦全勝を維持している。

今場所の琴欧洲は角番大関で、負け越してしまうと大関から陥落し給金が減ってしまうのです。

しかし心配無用、今場所の琴欧洲は優勝目前の位置にいるのです。

琴欧洲はブルガリア出身で身長が2m3cmもある大男であるが、気がやさしい性格であり何となく応援したくなる力士の一人です。

因みに血液型はO型であります。

きのうの朝青龍に勝った時の表情は、眼がいきいきとし心からうれしそうないい顔をしていましたよ。

反対に負けた朝青龍はといえば、くそっ、という表情がとてもおもしろく対象的な二人であった。

でも、朝青龍の生意気で悪役的なキャラクターは様々な角度から見ても大変おもしろいし、今の相撲界にはなくてならない存在であると実感いたす次第です。

posted by porigucci at 23:36| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

村上隆のマイ・ロンサム・カウボーイ

日本の現代美術作家、村上隆氏(東京芸大卒)のフィギュア「マイ・ロンサム・カウボーイ」が十四日夜、ニューヨークでオークションに掛けられ、1516万ドル(約16億円、手数料込み)で落札されたとのこと。

同作品は1998年制作、グラスファイバーなどで作られた裸の男性のフィギュアで、高さが254センチという大きなものである。

  マイ・ロンサム・カウ.jpg

出品者、落札者、ともに公表されていないという。

これまでの村上氏の作品では、今年4月にロンドンで落札された立体作品「パンダ」の272万ドルが最高額だった。

村上氏はアニメ・フィギュアなどのポップアートで知られ、米誌「タイム」の2008年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれている。

注釈 フィギュア(figure)は日本においては主に、キャラクターやロボットなどの立体造形物をさす言葉。本来の意味は「人の形をしたもの」。
posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ドン小西の服は着ません!

今日の、TVソロモン流はドン小西さんであった。

ドン小西さんというと、

辛口のファッションチェックで有名なお方であり、

みなさんもご存知かと思います。

個人的な意見として、

ドン小西さん自身のファッションは奇抜さと、

成金趣味的?な域を出ないと云わざるを得ません。

個性を強調しているが、

万人すべてがドン小西さんのようなファッションを

身にまとえばどうなるか

想像するだけでも嫌になってしまう。

しかし、芸能人からは

たいへん評価されており矛盾を感じてしまったのです。

ドン小西さんは、

ファションデザイナーとして名を馳せるまで

相当に苦労されていたようで、

人間性においては、たいへんよくできた方だと感じました。

生地のデザインは全てではないが、すばらしくいいものもあり、

才能豊かなデザイナーなのでしょう。

私はドン小西さんのデザインした服は、

似合わないと思うので絶対に着ることはないでしょう!



posted by porigucci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

篤姫演じる宮崎あおいはおもしろい!

NHK大河ドラマ「篤姫」がおもしろい。

篤姫を演じるのは、

史上最年少で大河ドラマの主役となる宮崎あおいである。

彼女の演技は表現力がとてもよく、かわいい女性を演じている。

宮崎あおいについては、映画「サッドヴァケーション」の

ロケ地である北九州市の小倉で初めて実物を拝見。

その時はとくに美人でもなく、女優というより普通の女の子

という感じで気にもとめなかった。

その後、TVのCMで知る由となりました。

このドラマ、篤姫を取り巻く多彩な登場人物を演じる方々も、

魅力的な俳優さんばかりである。

なかでも実父役の長塚京三と娘(宮崎あおい)のからみや、

篤姫の幼なじみ役の瑛太(えいた)がひょうきんな演技をみせ、

幕末をホームドラマ的なものに描かれており大変おもしろい。

なによりNHK大河ドラマの製作費はいかほどのものだろうか。

宿泊予約 宿ぷらざ
posted by porigucci at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする