2021年08月11日

8月11日は山の日です

東京オリンピックは、日本国のメダルラッシュで花を添え

華々しく幕を閉じました。

そして、日本国民がオリンピックに気をとられているうちに

早くも8月は中旬に入ります。

昨日は夏の全国高校野球が甲子園で開催され、お盆入りも

13日からです。

もし新型コロナウイルスが蔓延していなければ、今頃はお盆の帰省や

旅行等で日本国民の大異動が始まっていたと思われます。

今、小倉は雨が降っています。

小倉の週間天気予報を見ると、傘マークのオンパレードでがっかりです。


追記

うっかりしていましたが、8月11日は山の日と思っていましたが、

今年はオリンピックの閉会式が開かれる8日に移動していたのですね(笑う)。

萱原山(1363m).jpg

市房山(熊本県)の頂上で宮崎県東臼杵郡椎葉村の萱原山(1363m)をバックに記念撮影

市房山登山の思い出
http://pori-nikki.seesaa.net/article/459159527.html

posted by porigucci at 11:14| 福岡 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

祖母山から傾山縦走の苦い思い出

昨日でゴールデンウイークは終わりました。

ゴールデンウイークといえば、二十数年前に山仲間と大分県と宮崎県に

またがる祖母山から傾山まで縦走登山した時のことを思い出します。

祖母傾縦走は私が登山を始めるきっかけの元になっています。

残念ながら傾山まで到達できずに本谷山の手前で断念いたしました。

理由は2日目のテント泊の場所で水場を見つけることができなかったからです。

登山は無理だと思ったら、迷わずに引き返すことが大切である

ことを実践したまでである。


祖母山.JPG

山小屋がある九合目の手前で稲光と激しい雷雨に打たれ、びしょびしょになりました。

その時の雷鳴がものすごく、とても怖かったことを覚えています。


祖母山 V.JPG

祖母山九合目にある山小屋で一泊する。

因みに晩ごはんはボンカレーを食べました。



    祖母山頂.jpg

2度目の祖母山頂で記念撮影


祖母山U.JPG

障子岳(宮崎県 1705m)地点で撮影



小国町.JPG

祖母山登山から帰る途中に小国町の農家の庭を借りて、飯ごうでご飯を

炊いて食べたことを懐かしむ。

今でも楽しい思い出の1ページとなっています。


posted by porigucci at 21:19| 福岡 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

夏休みの大山登山の思い出

夏休みの大山登山の思い出です。

鳥取県のシンボルである大山(1729m)を娘と登山するために、前年の

夏休みにしっかりと事前準備を行いました。

その為に、娘と一緒に鳥取砂丘などを観光がてらに大山の麓のキャンプ場を

下調べしてから翌年(1993年8月)の夏休みに実行しました。


       鳥取県 大山.jpg

この時の娘(次女)は、小学校5年生だと思います。

私も娘も麦わら帽子を被っています。

以前にもブログで書いているのですが、私の愛用の麦わら帽子は

九重の平治岳(ひいじだけ)の頂上で、風に飛ばされて失くしました。



  大山2.JPG



  大山.JPG

大山の山容



  大山3.JPG

頂上付近には木道が取り付けられています。



        伯耆大山.jpg
        大山頂上で記念撮影 

大山寺(だいせんじ)の夏山登山口から頂上まで3時間以上かかったと思います。



  大山キャンプ場.jpg

下山してから、キャンプ場でシャワーを浴びてから夕食の準備を

している時に強い雨が降りましたが、買ったばかりのダンロップの

テント(3シーズン用)は雨漏りはなく防水機能は優れていました。

今もこのテントは所有しています。

大山には往きは山口市経由で、その途中で瑠璃光寺五重塔を見物する。

山口市から国道9号線で日本海沿いを伯耆大山まで車(クレスタ)を走らせる。

帰りは、津和野に立ち寄って往きと同じ山口市経由で帰路についたことを

覚えています。

走行距離は往復で800q位走ったと思います。

この大山登山は2泊3日(テント泊)で、鳥取砂丘の思い出と同様に

本当に懐かしい思い出となっています。


posted by porigucci at 16:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

入道雲に麦わら帽子が似合う

入道雲が見られる8月ともなると、炎天下の公園や雑木林で

蝉がギャーギャーとせわしなく鳴いている。

時折、野球帽を被った男の子たちが虫取り網を持って、

一生懸命に蝉を探している光景に出会う。

私の子供の頃の夏の帽子といえば、

麦わら帽子を被っていた子が多かったと記憶しています。

最近でも、女の子は麦わら帽子を被っている姿を時々みかけますが、

男の子が麦わら帽子を被っている姿はほとんど見かけませんね。

私は、若い頃から麦わら帽子が好きで、くじゅう登山をする時も

よく被っていました。

その為、今でも夏になれば麦わら帽子を愛用しています。

九重 平治岳.jpg

写真で被っているお気に入りの麦わら帽子は、

背景のくじゅう平治岳(ひいじだけ)山頂付近で強風に煽られて

南側の斜面(緑色の部分)に飛んでいったことを思い出します。
 
     
       IMG_20200613_064846.jpg

久住わかれで記念撮影  背景は硫黄山と三俣山


伯耆大山U.jpg

この麦わら帽子を被った写真は鳥取県の大山に登った時のもの。

下山した直後に撮った写真で、かなり疲れた様子が伺えます。

posted by porigucci at 17:04| 福岡 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

80歳の男性が大船山の山開きに参加!

昨日、くじゅう山開きが大船山(たいせんざん・1786m)で行われ、600人ほどの

登山客が頂上に参加し安全祈願祭が行われたようです。

その登山客の中に80歳の男性(佐伯市)が参加されていたというからすごい。


大船山1786.jpg


今年のミヤマキリシマは花の状態がよく、インターネットの動画ニュースで平治岳の頂上が

ピンク一色でとても美しかった。

来年のくじゅう山開きは久住山(1786m)です。

因みに写真の大船山は今年のものではありません。


posted by porigucci at 18:18| 福岡 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする