2019年08月23日

孫たちと河川プールで遊んだ思い出

夏休みもあと残り2日間となりましたが、

子供たちはしっかりと遊んだことでしょう!

写真は11年前の2008年8月に孫たちを連れて

大分県耶馬渓の津民川河川プールへ泳ぎに行った

ときのものです。


河川プール.jpg


河川プール@.jpg


002.JPG

大分県中津市耶馬渓 津民川河川プール
posted by porigucci at 14:09| 福岡 ☁| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

つくの温泉海岸の青い海は美しい

今日は山の日の振替休日です。

山は緑が瑞々しくて心が癒されますが、青々とした海も

美しくて素晴らしい。

写真は下関市豊北町つくの温泉海岸にあるホテル西長門リゾート

のビーチです。

私はホテル西長門リゾートが建つ前からこのビーチで

何度もキャンプをしたり海水浴に来たりしていました。

もちろん、当時は角島大橋もない時代で、角島へは

特牛から渡船で行かねばなりませんでした。


ホテル西長門リゾート.jpg

このような風光明媚な海を見ていると、若い頃に遊んだ思い出を懐かしむ。

夕日が沈むころに、砂浜でガットギターを手に加山雄三の「夕陽は紅く」や

「お嫁においで」、「恋は紅いバラ」、「夜空の星」、「ブラック・サンド・ビーチ」、

そしてワイルドワンズの「想い出の渚」やブルーコメッツの「ブルー・シャトウ」、

タイガースの「シーサイド・バウンド」等々を歌っていましたね。

今ではカラオケ店か愛車で運転中にしか歌いません(笑)。


posted by porigucci at 15:23| 福岡 ☁| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

孫たちと登った足立山の思い出

足立山.jpg

8年前に孫たちと足立山に登った時の写真です。

上の孫が小学3年生で、下の孫が1年生の頃だと

思います。

早いもので今では上が高校2年生で、下が中学3年生に

なっています。

そして、二人して陸上部の長距離に入部しており、

ただいま高校生の孫は人吉で5泊6日、中学生の孫は英彦山で

2泊3日の強化合宿に行っております。


JUN PEI.jpg

                       so nata.jpg

posted by porigucci at 16:54| 福岡 ☁| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

くじゅうにミヤマキリシマ咲く季節です

テレビニュースの映像でくじゅう平治岳の

ミヤマキリシマがきれいに咲いていたと妻から知らされる。

5月30日の九重観光ホテルブログのミヤマキリシマ開花情報

では5分咲きとなっていたので、そろそろ満開に近づいて

いるのだろう。

それで、昔撮っていた九重連山のミヤマキリシマを

掲載しました。



九重連山01.jpg

大船山から眺める九重連山のパノラマ。

正面の真上には九重連山で一番高い中岳と天狗ヶ城がそびえる。

そして麓にはベージュ色の坊がつるの湿原が広がる。



九重連山02.jpg

平治岳から眺める三俣山。

その後方には星が生まれる山と書く星生山(ほっしょうざん)と

硫黄山を望む。



九重 平治岳.jpg

山肌がピンク色に染まる九重連山平治岳(ひいじだけ)。

写真は大戸越から北大船山に登る途中で撮ったもの。



九重連山03.jpg

平治岳山頂直下の斜面に咲くミヤマキリシマ。



九重平治岳A.jpg

私が単独で初めて平治岳に登ったときの思い出の写真です。



posted by porigucci at 12:55| 福岡 ☁| Comment(1) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

くじゅう登山の思い出

ネットでくじゅうのミヤマキリシマの開花状況を

調べてみたところ、今年は昨年に比べ一週間くらい遅いようです。

この季節になると、どうしてもくじゅうのことが気になり、

登山した頃を思い出します。



くじゅう北千里ガ浜.JPG

写真のくじゅう北千里ヶ浜はくじゅうの中で一番

荒々しい景色を見ることができます。

正面後ろのかすんでいる山は星生山(ほっしょうざん)で、

左手の黒っぽい山は久住山です。

白い煙を吹き上げているのは硫黄山。

北千里ヶ浜を南に下れば法華院温泉や坊がつる、西へ行くと

久住わかれから久住山や星生山へアタックできます。

北へ行けばすがもり越えから長者原へ下山することがでる。



法華院温泉A.jpg

法華院温泉の真後ろに三俣山、前方には坊がつるが広がり、

平治岳や大船山を仰ぐことができます。

私は法華院温泉山荘には3回ほど宿泊しています。

当時の法華院温泉は白濁であったが、一時その白濁した

温泉が薄くなったが、今はどうなっているかは分かりません。

因みに妻や娘たちも法華院温泉の白濁した温泉に

入湯しています。

当時の入湯料は200円だったと思います。


posted by porigucci at 13:00| 福岡 | Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする