2008年05月22日

生意気で悪役的な朝青龍

最近、相撲がおもしろい。

琴欧洲が昨日の朝青龍につづき、今日も横綱である白鵬に土をつけ12戦全勝を維持している。

今場所の琴欧洲は角番大関で、負け越してしまうと大関から陥落し給金が減ってしまうのです。

しかし心配無用、今場所の琴欧洲は優勝目前の位置にいるのです。

琴欧洲はブルガリア出身で身長が2m3cmもある大男であるが、気がやさしい性格であり何となく応援したくなる力士の一人です。

因みに血液型はO型であります。

きのうの朝青龍に勝った時の表情は、眼がいきいきとし心からうれしそうないい顔をしていましたよ。

反対に負けた朝青龍はといえば、くそっ、という表情がとてもおもしろく対象的な二人であった。

でも、朝青龍の生意気で悪役的なキャラクターは様々な角度から見ても大変おもしろいし、今の相撲界にはなくてならない存在であると実感いたす次第です。

posted by porigucci at 23:36| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック