2020年10月05日

高1の孫が第58回北九州市民体育祭陸上競技大会で走る

昨日、本城陸上競技場で第58回北九州市民体育祭陸上競技大会

二日目が無観客で開催されました。

高1の孫は午後から行われた高校男子5000m決勝タイムレースに出場する。

孫は公式レースで5000m競走は初めての挑戦でした。

3000mまではトップで引っ張っていたが、その後は失速してしまった。

ゴールしてからすぐにシューズを脱いだので、おかしいと思い

理由を聞いてみました。

原因はシューズの幅がせまくレース中に締め付けられる痛さが出て

完走するのが精いっぱいであったという。

アクシデントにもかかわらず24名中14位でゴールし、

ビリにはならなかったとのでよかったと納得しつつ、悔しさを

にじませていた。

因みに今大会は得意の800m競走はありませんでした。


北九州市民体育祭A.jpg

無観客の本城陸上競技場で走る高校生たち



北九州市民体育祭@.jpg




北九州市民体育祭B.jpg

無観客での開催のため、競技場の正門からビデオを手にもって観戦しました。


posted by porigucci at 13:51| 福岡 ☁| Comment(0) | 陸上競技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。