2019年07月10日

田中将大がMLBオールスターゲームで投げる

MLBオールスターゲームが9日(日本時間10日)、

クリーブランド・インディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドで

行われ、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手がアメリカン・リーグの

2番手として球宴初登板を果たした。

田中将大は2014年に選出となったが、右肘故障のため欠場していた

ので、今回の初登板が楽しみでした。



プログレッシブフィールド.jpg

クリーブランド・インディアンスの本拠地プログレッシブフィールド


田中将大.jpg

グラブはMIZUNOである。


MLBオールスターゲーム2019.jpg

自身初のオールスター登板は1回17球(ストライク12球)を投げて

被安打1、無四球、奪三振1、無失点の成績だった。

被安打といってもボテボテの二ゴロでアウトになったが、

これがチャレンジによって判定が覆りセーフとなる。

因みにチャレンジとはビデオ判定である。

嬉しいことに田中将大はMLBオールスターゲームで

日本人初の勝利投手となりました。

【関連する記事】
posted by porigucci at 12:12| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。