2019年05月24日

くじゅう登山の思い出

ネットでくじゅうのミヤマキリシマの開花状況を

調べてみたところ、今年は昨年に比べ一週間くらい遅いようです。

この季節になると、どうしてもくじゅうのことが気になり、

登山した頃を思い出します。



くじゅう北千里ガ浜.JPG

写真のくじゅう北千里ヶ浜はくじゅうの中で一番

荒々しい景色を見ることができます。

正面後ろのかすんでいる山は星生山(ほっしょうざん)で、

左手の黒っぽい山は久住山です。

白い煙を吹き上げているのは硫黄山。

北千里ヶ浜を南に下れば法華院温泉や坊がつる、西へ行くと

久住わかれから久住山や星生山へアタックできます。

北へ行けばすがもり越えから長者原へ下山することがでる。



法華院温泉A.jpg

法華院温泉の真後ろに三俣山、前方には坊がつるが広がり、

平治岳や大船山を仰ぐことができます。

私は法華院温泉山荘には3回ほど宿泊しています。

当時の法華院温泉は白濁であったが、一時その白濁した

温泉が薄くなったが、今はどうなっているかは分かりません。

因みに妻や娘たちも法華院温泉の白濁した温泉に

入湯しています。

当時の入湯料は200円だったと思います。


posted by porigucci at 13:00| 福岡 | Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。