2019年02月28日

コレットが閉店します

今日の小倉は朝方まで雨が降り、その雨も午前中には

上がる。

空は曇り空で最高気温は14℃と暖かい。

2月は逃げると言われ、日数も28日だったこともあり、

あっという間に終わってしまった感がします。

淋しいことに、百貨店コレット(小倉北区)が本日をもって

店じまいとなります。


コレット.jpg

もうじき、COLETの看板が撤去されることでしょう。

コレット閉店後は全館がファッションビル「アイム」の

名称に統一される計画が持ち上がっています。


チャチャタウン小倉.jpg

チャチャタウン小倉のカラーリーフは春の花に

彩られています。

posted by porigucci at 14:37| 福岡 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コレットが閉店したことは残念です。コレットは2008年4月1日に地下1階〜6階オープンした店舗でした。7階〜14階は小倉駅前アイムですが、13階は閉鎖されてました。コレットと小倉駅前アイムのエレベーターは三菱製で小倉駅側、門司側の2箇所ありますが、ピヨピヨ鳴りません。門司側は一時期ピヨピヨ鳴ってた時がありました。コレットが入ってた建物は1993年10月10日に小倉そごうとしてオープンしましたが、2000年12月25日に閉店となり、わずか7年の営業でした。その後2002年3月10日に地下1階〜4階に小倉玉屋がオープンしましたが、2002年12月25日をもって閉店となり、わずか9ヶ月の営業でした。2004年2月10日に地下1階の一部と1階から6階までは小倉伊勢丹、残るフロアはアイム専門店街としてオープンしましたが、小倉伊勢丹は2008年3月25日をもって閉店し、わずか4年の営業でした。アイム専門店は2011年に現在の小倉駅前アイムとして生まれ変わりました。コレットの跡地はリム小倉ができてほしいです。リムはリム・ふくやまがあり、当初は福山そごうでした。福山そごうは小倉そごうが開業する1年半前の1992年4月29日に開業しましたが、8年後の2000年12月25日に閉店となり、わずか8年の営業でした。その後2003年4月25日に福山ロッツが開業しましたが、2013年4月24日をもって閉店となり、翌日の4月25日から現在のリム・ふくやまと生まれ変わりました。リム・ふくやまのエレベーターは三菱製で、南側、東側、駐車場側(北西側)の3箇所あり、駐車場側(北西側)はピヨピヨ鳴りますが、南側と東側はピヨピヨ鳴りません。リム小倉の専門店はミスターマックスやフードコートなどができてほしいです。
Posted by at 2019年02月28日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。