2018年05月13日

えびの高原に咲くノカイドウ(野海棠)

えびの高原の硫黄山が4月に噴火し、今では小康状態にあるようです。

5月のえびの高原といえば、ノカイドウ(野海棠)が自生することで知られている。

ノカイドウ(野海棠)は、世界でえびの高原(宮崎県・鹿児島県)の渓谷沿い

にしか自生しない貴重なバラ科リンゴ属の植物です。

ノカイドウはサクラよりもひとまわり小さめの桃色がかった白い花です。

野海棠.jpg


花の見ごろは5月上旬までと言われており、すでに散っているかも

しれません。


posted by porigucci at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。