2017年01月10日

温泉の入り方に気をつける

今日の夕方、妻とスーパー銭湯に行ってきました。

スーパー銭湯は大晦日以来です。

スーパー銭湯には、サウナやジェットバス、露天風呂、

電気風呂、水風呂、漢方の湯、足湯、寝湯など

様々な種類のお風呂があります。

中でも電気風呂がおもしろい。

私が初めて電気風呂を経験した時は、

腰のあたりがずきずきして、30秒も浴槽に

浸かることはできませんでした。

しかし、今ではそのずきずき感が心地よくなり、

5〜7分くらいは浸かることができます。

それにしても、サウナから出てきて、一気に頭から冷水を

かぶったり、ざぶんと水風呂に飛びこむ人が

多いことにびっくりします。

これって、心臓に負担をかける行為である

と知らないのだろうか。

ふつう、心臓より遠い手先や足先から水をかけてから

ゆっくりと水風呂に浸からなかればならないのに?

若者ならまだしも、ある程度年齢を重ねた人は

高血圧や動脈硬化などの危険因子が高いので

温泉の入り方には十分に気をつけた方が

よいと思われます。


posted by porigucci at 23:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック