2015年08月05日

「俥宿天十平」でくつろぐ

萩の宿「常茂恵(ともえ)」を午前10時にチェックアウトしてから、

松陰神社に立ち寄りました。

hagi1.jpg

夏休みということで、お子さん連れの観光客が多く見られました。

私は萩を訪れると、必ず吉田松陰を祀っている松陰神社にお参りします。

そして、おみくじを引いたところ妻共々大吉でした。

私は凶を引きたかったのですが残念。

というのも、

凶を引くと神社から「福箸」と印された箸を授かるからです(笑う)。

これから城下町エリアにある「俥宿天十平(くるまやど てんじゅっぺい)」

に向かいます。

hagi2.jpg

車を駐車場に入れ、菊屋横丁の路地を歩きながら「俥宿 天十平」を

めざします。

kurumayado.jpg

「俥宿天十平」の門の前で記念撮影する。

kurumayado9.jpg

表門をくぐると屋敷内は緑で覆われ、さらに小さな門をくぐると

広い庭があって古民家の縁側から入ります。

kurumaya.jpg

平屋の古民家はギャラリーとなっています。

kurumayado10.jpg

大正時代に建てられた洋館で、その洋館がティルームとなっています。

kurumayado1.jpg

入り口のドアにはステンドグラスが施されています。

kurumayado2.jpg

おしゃれな窓から庭の緑が楽しめ、とても落ち付いた雰囲気の

空間となっています。

kurumayado3.jpg

幸運にも他のお客さんがいなくて、私達だけでティルームを一人占めにでき、

ゆっくりと寛ぐことができました。

kurumayado4.jpg

アンティークの家具には雑誌や本が置いています。

kurumayado5.jpg

紅茶とスコーンセット(600円)をオーダーする。

kurumayado6.jpg

スコーンを食べるなんて久しぶりであります。

紅茶も久しぶりではあったが、スコーンともどもに美味しかった。

kurumayado7.jpg

紅茶は由布院の山荘「無量塔」と同じもの使っているそうです。

hagi3.jpg

「俥宿天十平」を出ると、外はぎらぎらとした真夏の暑さで

駐車場まで歩いていくのが大変でした。

これから妻のお気に入りの画家である香月泰男美術館へ

愛車TOYOTA・MARKUで向かいます。


俥宿天十平(くるまやど・てんじゅうっぺい)
OPEN/10:00〜18:00(季節により変動)
定休日/水曜日
山口県萩市南古萩町33-5
TEL/0838-26-6474
駐車場/人力車立場


posted by porigucci at 15:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック