2015年07月27日

認知症予防に塗り絵がよい

認知症の予防に塗り絵がよいと知りました。

その理由として、

ふだんあまり使っていない脳神経細胞を使うことで、

脳の血流をアップさせる事ができ認知症の予防に

つながるそうです。

なぜ 塗り絵がよいかといえば、

色鉛筆を線からはみ出さない様に意識したり、

色使いなどを考えながら手を動かす事で、

普段使われていない脳神経細胞を刺激し、

脳の血流がアップするからです。

この場合においても、利き手よりも逆の手で行うと

さらに効果があるようです。

塗り絵に限らず、普段の生活の中で行う動作も

利き手よりも逆の手で行うことを心がけてください。



【関連する記事】
posted by porigucci at 23:38| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック