2015年06月24日

塩田津のカフェ「楽家」に立ち寄る

嬉野温泉「和多屋別荘」をチェックアウトして、武雄市へ向かう。

途中、塩田町(しおたちょう)という案内板を見て、

急遽立ち寄ることにしました。

昔、塩田いえば長崎街道の宿場町で、さらに塩田津という川港で栄え

今でも白壁のまちが残っていることを頭によぎったからです。

shiotamachi.jpg

塩田津は「重要伝統的建造物群保存地区」であります。

車を駐車場に停め、雨の中を歩いて白壁の屋敷を見て回る。

shiotamachi2.jpg

白壁の屋敷群を歩いていると、英国国旗がついたギャラリー&カフェ

の看板が目にとまりました。

shiotamachi3.jpg

カフェの名前は「楽家(らくや)」と記され、古民家を改装されたのでしょう。

shiotamachi4.jpg

ちょうどコーヒーが飲みたかったので「楽家」の暖簾をくぐることにしました。

shiotamachi5.jpg

オーナーの知人に依頼された英国食器が窓際に陳列されていました。

私たちは大きなテーブル席に座り、コーヒーをオーダーする。

shiotamachi6.jpg

カウンター席もあります。

shiotamachi7.jpg

奥の一階にあるこの部屋で食事をすることもできます。

shiotamachi8.jpg

どうです、雰囲気のよい部屋でしょう。

二階の部屋には、オーナーが収集した古伊万里などの陶器類が

たくさん陳列されていました。

shiotamachi9.jpg

ご覧のようにギャラリーが併設され、とても雰囲気がよくて

落ち着けるお店です。

オーナーによると、湯布院・亀の井別荘の「天井桟敷」が好きで

あの雰囲気を参考にしたと伺いました。

shiotamachi10.jpg

コーヒーカップは自分で好みのものを選びます。

shiotamachi11.jpg

妻の選んだコーヒーカップ。

オーナーさんと、このお店をまかせられている若くてきれいで

着物が似合う女性とたくさん話ができたいへん楽しかった。

時間があればもっと滞在したかった。

店を出る際には手作りのいなり寿司もいただき、とても嬉しく

よき思い出となりました。

今後、嬉野に来た時には是非「楽家」に立ち寄らせていただきます

と約束しました。

ありがとうございました。

shiotamachi12.jpg

駐車場まで歩いていると、アジサイが咲き誇っています。

shiotamachi13.jpg

駐車場のそばに、重要文化財の西岡家住宅があります。

TOYOTA MARKU.jpg


よく走る愛車TOYOTA MARKUも今月末の車検で19年目を迎えます。

これから、全国的に注目されている佐賀県武雄市にある

武雄市図書館に立ち寄り見学してきます。


posted by porigucci at 13:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック