2015年06月23日

嬉野温泉「和多屋別荘」で寛ぐ

島原から諫早に出て長崎自動車道で嬉野へ向かいました。

美肌の湯で知られる嬉野温泉は久しぶりです。

私にとって嬉野温泉はいろいろな思い出があります。

特に印象深いのは弟の結納式の時に、今は亡き父、そして

母や妻、兄弟全員で嬉野温泉に訪れたことです。

というのも、弟の嫁の故郷が佐賀県嬉野市だからです。


ureshino.jpg

今回は「和多屋別荘」で寛ぐことにしました。


和多屋別荘.jpg

玄関に足を踏み入れると、正面ロビーに布のオブジェが

飾られていました。

とりあえず妻と一緒に記念撮影する。


ureshino2.jpg


ureshino25.jpg


ureshino3.jpg

「和多屋別荘」に沿って流れる嬉野川です。


ureshino4.jpg


ureshino5.jpg


ureshino6.jpg

「和多屋別荘」の館内は広いので、空間のあるところには

必ずこのような生け花が飾られています。


ureshino7.jpg

陳列されていた古伊万里の器


ureshino9.jpg

お土産コーナーに掲げられていた、

「あの人に笑顔の贈りもの」に思わずにっこりする。

そのお土産コーナーで、いろいろなお菓子の試食をいっぱいし、

嬉野茶もしっかり試飲しました(笑う)。

もちろん、お土産も買いましたよ、


ureshino10.jpg

大浴場近くのフロアーに置かれていたモダンなソファタイプの椅子


和多屋別荘V.jpg

食事処に利用する長い通路


和多屋別荘U.jpg


ureshino13.jpg

夕食は個室ですき焼きをいただく。


ureshino14.jpg

美味しい佐賀牛


ureshino14a.jpg

お造り


ureshino15.jpg

私は赤ワイン、妻は生ビールをオーダーする。


ureshino16.jpg

嬉野名物の温泉どうふ


ureshino17.jpg

明太子のだし煮

これらにごはんがついて腹いっぱいになりました。


ureshino19.jpg

そしてデザートのアイスクリーム


ureshino20.jpg

最後はコーヒーでくつろぐ。


ureshino21.jpg

レストランから漆塗りの小箱をプレゼントされる。


ureshino22.jpg

何んと漆塗りの小箱を開けてみると、果物と一口サイズのケーキーが

入っているではないか。

夕食を済ませてから、妻と嬉野温泉のまちを散策する。


ureshino23.jpg

嬉野温泉のシンボル、嬉野温泉公衆浴場「シーボルトの湯」


シーボルトの湯.jpg

夕闇に浮かぶレトロな建物が旅情をそそる。

これから旅館に帰って、日本三大美肌の湯の一つ嬉野温泉

をゆっくり堪能致します。

ちなみに、日本三大美肌の湯は島根県の斐乃上温泉(ひのかみおんせん)

と栃木県の喜連川温泉(きつれがわおんせん)です。


和多屋別荘.jpg

【関連する記事】
posted by porigucci at 15:08| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック