2015年05月26日

電光表示板の温度計はリアルです

今日の北九州の天気予報の最高気温は29℃と

表示されていました。

しかし、街中の電光表示板の最高気温は37℃となっています。

そもそも気象庁の気温の計測は屋根のついた百葉箱に対し、

街中の電光表示板は外気温そのままを計測するので

百葉箱と大きく異なります。

屋外で仕事をしたり、買い物などで舗道を歩いたりしていると

天気予報で発表される最高気温よりも街中の電光表示板による

最高気温の方がリアルであり、その暑さをリアルタイムで

感じとることができとても助かります。



posted by porigucci at 19:20| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック