2015年05月12日

大丸旅館で寛ぐ

長湯温泉の芹川沿いに建つ大丸旅館です。

雨は午後2時頃までは降っていましたが、長湯温泉に着いた頃には

雨も止みよい天気となりました。

daimaru.jpg

B・B・C長湯に宿泊すると、無料で大丸旅館の内湯が利用できます。

daimaru2.jpg

5月の芹川は鯉のぼりが泳ぐ。

daimaru3.jpg

大丸旅館の玄関上り口には生け花が飾られています。

daimaru4.jpg

芹川に面した宿泊者専用の食事処。

daimaru5.jpg

内湯はテイの湯と名付けられています。

温泉の温度は46〜47℃と熱めであるために、私はとても長くは

浸かることができません。

daimaru6.jpg

芹川のせせらぎが聞こえる露天風呂。

3月に来た時は自分にとってよい湯加減だったのですが、今回は

とても熱くて浸かることはできませんでした。

私は熱い温度の温泉は苦手なのです。

daimaru7.jpg

炭エキスと温泉水が配合されたボディソープとノンシリコンシャンプー、

コンディショナーが用意されています。

daimaru8.jpg

着替え室は広くはありません。

daimaru9.jpg

「邂逅かいこう」と名付けられている大丸旅館のロビーです。

daimaru10.jpg

開高健の作品が多数収蔵されています。

私は温泉から上がるとこのソファで新聞を読みながら入浴時間

の長い妻を待ちます。

daimaru11.jpg

これからB・B・C長湯に戻り夕食をして、時間を置いてから日本一の炭酸泉

であるラムネ温泉でゆっくりと体を癒します。

lamune spa.jpg

夜のラムネ温泉館。



posted by porigucci at 19:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック