2015年03月10日

ラムネ温泉は最高!

長湯温泉のなかでも一際ユニークな入浴施設が「ラムネ温泉館」である。

ご覧のように建物もユニークであるが、温泉も外観に劣らずに素晴らしい。

何しろラムネ温泉の炭酸含有量が約1380ppmという世界最高レベル

の含有量だからです。

全身が小さな真珠のような気泡に包まれる露天風呂「ラムネ温泉」は

32℃、内湯ももちろん炭酸泉の「にごり湯」で熱めの42℃となっており

男女それぞれにあります。

私と妻は夜の8時半頃に入湯したので、32℃の露天風呂「ラムネ温泉」は

初めぬるくて少しだけ寒かった。

因みに野外の気温は3℃で小雨もぱらつき寒いのは当然である。

しかし、効能に長く浸かると血行がよくなると書かれていたので

40分間ほど首まで沈めて浸かっていました。

湯船の中にやわらかいスポットライトが当てられており、

全身に気泡が包まれているのをはっきり確認できました。

その後、一目散に42℃の内湯に入ったところ、とても気持ちがよくて

最高の温泉であった。

翌日の朝も6時から7時まで32℃の「ラムネ温泉」に入湯客の人たちと

談話をしながら浸かっていました。

lamune onsen.jpg

屋根のとっぺんには長寿を象徴する松の木が植えられています。

lamune onsen2.jpg

lamune onsen3.jpg

lamune onsen4.jpg

中庭に建つ犬のモニュメントで作品名は「オンリーワン」。

bbc nagayu8.jpg

金曜日から土曜日にかけて長湯温泉の炭酸泉を十分に堪能できて

とても楽しい温泉旅行でした。

ホテルのスタッフに見送られロングステイ型プチホテル「B・B・C長湯」を

後にする。

これから、久住高原のフラワーズヴァレー「空」に向かいます。



【関連する記事】
posted by porigucci at 22:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック