2015年02月24日

梅と天神さまと牛さん

tenjinsama.jpg

梅咲く受験シーズンになりますと、

菅原道真公を祀る天神さまに参拝する親子をよく見かけます。

参拝の目的は合格祈願でしょう。

そして、神社の境内には必ず牛の銅像が設置されていることを

お気づきだと思われます。

その牛と菅原道真公とは切っても切れない縁があります。

それは菅原道真公の生誕が乙丑(きのとうし)の年で、

薨(こう)ぜられた日も丑の日だったからです。

また、道真公の遺言で「自分の遺骸を牛にのせて

人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」等々、

天神さまと牛との関わりについて数多くの言い伝えがあります。

写真の神社は北九州市戸畑区の菅原神社です。




posted by porigucci at 22:55| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック