2014年09月17日

速足3分遅足3分を交互に歩く

速足と遅足を交互で3分間づつ歩くだけで

太ももの筋肉がつくそうですよ。

そして筋肉がつくことにより、

体内のリンパ球が増えて免疫力が高まります。

最新の研究によると、

筋肉が多い人のほうが、少ない人よりも病気による

死亡率(重症患者の場合)が半分になるというから

驚きです。

そして歩いたあと、30分以内に牛乳を飲みます。

その理由として、

筋肉は失った栄養を取り戻すために30分〜1時間だけ

アミノ酸などを取り込む穴を開きます。

この穴の開いた時間帯にアミノ酸を多く含む牛乳や

ヨーグルト、チーズなどの乳製品を摂れば筋肉にアミノ酸が

補充されるためグルタミンがたくさん作られます。

牛乳を飲んだ人は、飲まない人に比べて脚の脚力が

2倍近く増えるという研究結果も出ています。

歩き方は、

自分でややきついと感じる速歩を3分行ったら、

次にゆっくり3分歩くというインターバルトレーニングです。

これを1週間で速歩の時間が合計60分になるよう

行ってください。

これを継続することによって、風邪をひかないなどの

丈夫な体がつくれるそうですから是非実行してみてください。

NHKテレビ「ためしてガッテン」より

【関連する記事】
posted by porigucci at 23:54| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック