2014年03月30日

広寿山福聚寺の宗因桜

小倉藩小笠原家の菩提寺である広寿山福聚寺の

宗因桜(しだれ桜)を見に行く。

山門をくぐるとソメイヨシノは雨のために花びらが

たくさん散っていました。

kokura15.jpg

kokura9.jpg

kokura8.jpg

宗因桜はまだ8分咲きであるので、これからが楽しみです。

kokura16.jpg

kokura17.jpg

宗因桜の由来は、江戸時代の連歌師、俳人である西山宗因です。

門人には井原西鶴や惟中(いちゅう)などがおり、

松尾芭蕉にも強い影響を与えたと言われる人物です。

広寿山の釈迦堂の横に宗因の句碑があります。

「いざ桜われもそなたの夕嵐」


【関連する記事】
posted by porigucci at 13:27| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック