2014年02月12日

ヴィヴァルディ「四季」冬が流れてきた

ラジオからヴィヴァルディ「四季」冬(第2楽章)が流れてきました。

それも弦楽器でなく、クラシックギターの柔らかい音色である。

何しろ、ヴィヴァルディ「四季」冬(第2楽章)は、

久しぶりであったのでとても新鮮に感じました。

今はどうなのかは分かりませんが、

戦後、日本人の一番好きなクラシック音楽はヴィヴァルディの

「四季」であったと記憶しています。

  
 


posted by porigucci at 22:57| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック