2014年01月28日

生姜は乾燥させた方が効果が高い

ご存知のように生姜は、

体温を上昇させ、発汗を促し、からだを温める効果があります。

ふつう、生の生姜にはジンゲロールという辛み成分が

含まれています。

そのジンゲロールは血液の中を流れ、

手先や足先の末しょうで血管を広げる作用があります。

そのため、血流がよくなり手先や足先がポカポカしてきます。

しかし、これは深部にある熱を末しょうに送り出してしまうので、

深部体温はやや下がってしまいます。

一方、生姜を乾燥させるとジンゲロールの一部が

ショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、血流を高め、

深部の熱を作り出す働きがあります。

つまり、乾燥しょうがはジンゲロールとショウガオールの

両方の働きで全身を温めることができるのです。

そのため、生姜は乾燥させた方が効果が高いようです。


【関連する記事】
posted by porigucci at 23:48| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック