2014年01月02日

ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」

北九州市は暖かくてよい天気でした。

元日に続き孫たちと朝風呂に入り気分は爽快です。

今日は安心院(大分県)と横浜の親戚の方が来られています。

みんなでわいわいがやがやしながら、ビールや日本酒、

ホットワインなどを召し気分上々です。

今は、一段落してラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」を

流しながらブログをアップしています。

ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲」で有名なのは、

第18変奏Andante cantabile(アンダンテ・カンタービレ/

歩く速さで歌うように) 変ニ長調で、最初はピアノが独奏で演奏し、

オーケストラが受け継いで演奏する。

特にこの部分だけを演奏されることが多く、映画やテレビCMでも

使われるほどに美しい楽曲である。


  


posted by porigucci at 23:05| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック