2013年12月22日

ゆず湯は日本の文化です

今日は冬至です。

昔から日本の風習として、

冬至の日には「ゆず湯」に入り、「冬至かぼちゃ」を食べます。

「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるようにと、

お風呂に柚子を浮かべて入ります。

ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があるようです。

冬至は湯につかって病を治す湯治(とうじ)にかけています。

また、柚子は融通(ゆうずう)が利くようにという

願いも込められています。

このようにゆず湯は、

粋な江戸庶民から生まれた日本の文化であります。

わが家も、黄色い可愛い柚子を浴槽に2個浮かべて入りました。

柚子の香りがバスルームにいっぱいひろがり、とても心地よい

気分になりました。



一方、冬至に「かぼちゃ」を食べると厄除けになり、

病気にもならないと言われていました。

かぼちゃの収穫は夏ですが、貯蔵ができます。

先人は太陽の恵みをたっぷり受けて

完熟したかぼちゃを冬至まで保存し、

緑黄色野菜の少ない冬場に備えました。

かぼちゃには粘膜や皮膚の抵抗力を強くする

カロテンが多く含まれています。

昔は冬のビタミンなどの供給源が不足していたと思われるので、

その当時の人たちにとって、かぼちゃは貴重な食べ物だった

のでしょう。


posted by porigucci at 22:14| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック