2013年08月31日

松本零士の世界展を鑑賞する

雨が降るので図書館で時を過ごそうとしたのだが、

本日、北九州中央図書館は休館日であった。

そのため、小倉井筒屋の画廊まで足を運ぶことにしました。

そうすると、井筒屋新館のパステルホールで「松本零士の世界展」が

開催されていたので鑑賞してきました。


999.jpg


松本零士さんは久留米出身で、小学校3年生から高校まで

小倉に住んでいました。

そうした経緯で小倉とのゆかりがたいへん深い人物です。

今回の展覧会は、松本零士の画業60周年を記念して

のもので展示即売も行っていました。

松本零士の作品の中で、売約済みが多かったのは

やっぱりメーテルと銀河鉄道999のからんだものや

宇宙戦艦大和の作品でありました。

また、手塚治の作品も多数展示されていました。


【関連する記事】
posted by porigucci at 23:03| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック