2013年04月11日

浅田真央はガーシュインの「アイ・ガット・リズム」で滑る

フィギュアスケートの世界国別対抗戦で日本が首位で発進した。

浅田真央はガーシュインの「アイ・ガット・リズム」のジャズ音楽に

乗って銀盤を滑る。

残念ながらトリプルアクセルで転倒してしまったが、終始笑顔で

伸び伸びと演技をこなしていたのでよかった。

「アイ・ガット・リズム」は、1930年に発表された曲です。

今でもジャズのスタンダード・ナンバーとして知られる。

さらにガーシュインといえば、アメリカ的な芸術音楽の代表格と

みなされる「ラプソディ・イン・ブルー」もよく知られています。


  



posted by porigucci at 23:37| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック