2013年03月23日

PM2.5よりもタバコの煙のほうが怖い

PM2.5は怖いというイメージがあります。

しかし、自由に喫煙できる居酒屋などによる副流煙のほうが怖い

と言われています。

その理由として、大気中に漂うPM2.5よりもタバコの煙のほうが

有害性が高いという。

その有害性が高いタバコの煙には70種類もの発がん性物質

が含まれているというから驚きです。

そのため、屋外でマスクをするよりも、自由に喫煙できる居酒屋や

スナック、喫茶店などの室内でマスクをすべきだと医学専門家が

注意喚起しています。

さらに、受動喫煙による死亡率のほうがPM2.5よりもはるかに

高いというから気をつけてください。


【関連する記事】
posted by porigucci at 23:39| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック