2013年01月28日

童謡や唱歌は郷愁を感じさせる

sazanka.jpg

ピンクの花は、

さざんか さざんか 咲いた道 たき火だ たき火だ おちばたき

あたろうか あたろうよ しもやけお手々が もうかゆい

という童謡(たき火)にも歌われている山茶花である。

歌詞の中でおちばたき(落ち葉焚き)という言葉がありますが、

現代では死語になっています。

ちなみに、落ち葉焚きというのは晩秋に落ち葉を集めて燃やすこと。

ひょっとして、田舎の子どもたちが落ち葉焚きにさつまいもを

入れて焼きイモを作っているやもしれません。

ときどき、子どものときに歌った童謡や唱歌を聴くと

郷愁を感じさせてくれるから楽しい。


【関連する記事】
posted by porigucci at 22:30| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック