2013年01月06日

フグとカニを食べに萩まで車を走らせる

土曜日は昨年と同様に、「フグ」と「カニ」を食べに萩まで車を

走らせました。

小倉の自宅から萩まで108Kmで所要時間は2時間40分くらいでした。

ただし、高速道路は利用していません。


markU.jpg

どんよりした冬の空と菊ケ浜から望む萩城址のある指月山


kikugahama.jpg

日本海の白いさざ波と白砂が美しい


kumagai museum.jpg

熊谷美術館は萩藩の御用商人・熊谷家の蔵を改造し展示室に。

歴代の主人好みによって集められた美術工芸品や代々伝わる文書類など、

約3000点の貴重な資料が展示されています。


kumagai museum@.jpg

萩といえば夏みかんで町のあちこちに植えられています。


natumikan.jpg


kikuya yokotyo.jpg

菊屋横丁の白壁がまぶしい


kikuya.jpg

菊屋家住宅の玄関入り口に門松が飾られている。


kikuya2.jpg

萩藩の豪商であった菊屋家の屋敷

幕府巡検使の宿として度々本陣にあてられたという。


mark U.JPG

旧久保田家屋敷の格子が美しい


haniwa.jpg

城山窯の建物の壁に埴輪がたくさん貼り付けられている。


haniwa2.jpg

おそらく、萩焼でつくられたものでしょう。


jyozangama.jpg

萩焼の登り窯


hagi gland hotel.jpg

一泊した萩グランドホテル天空は建物こそ古いが温泉大浴場は

広くてきれいで満足です。


hagi.jpg

ホテルから眺める萩の町並みは雑然としていて決して

美しいとは言えません。

これは萩に限らず日本の建築物がヨーロッパの町並みのように

均一化されていなので致し方ありません。


hagi2.jpg


hugu.jpg

フグ(とらふぐ)の刺身は25皿、カニ(たらばがに)の鉄板焼きは

15皿くらい平らげた思う。

寒ブリの刺身もたくさん食べて刺身だけで腹いっぱいになりました。


tarabagani.jpg

たらばがにの鉄板焼き。


hugu takikomi.jpg

とらふぐの炊き込みごはんは本当に美味しかった。

他にも、とらふぐのちり鍋、とらふぐの唐揚げ、とらふぐ入り茶碗蒸し、

黒毛和牛すき焼き風鍋、握り寿司5種類(とらふぐ・マグロ・イカ・エビ・

寒ブリ)、あんこう鍋などがあって全部はとても食べられませんでした。


ijinsan.jpg

お土産は山口・萩の偉人さん大集合のチーズクッキーです。



【関連する記事】
posted by porigucci at 22:54| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック