2012年11月09日

ユーミンの音楽の原点は「青い影」

東京FMの「松任谷由実のYuming Chord」というラジオ番組で

ユーミンがプロコム・ハルムの名曲、「青い影」をメンバーと一緒に

歌っているではないか。

聞くところによると、「青い影」はユーミンの音楽の原点であると

話していてガッテン!いたしました。

そして、プロコム・ハルムとユーミンのツアーも組まれています。

「青い影」はバッハのカンタータ第114番にヒントを得て作られたそうです。

私はいつも「青い影」を聴いて思うのですが、外国版の艶歌という

感じがしてなりません。

さらに「青い影」はキャバレーとかクラブのラストミュージックという

イメージがつよく残っています。

話変わって、いつも不思議に思うのであるが、

ユーミンの歌っている声としゃべる声はまったく相反している。

私はユーミンの歌う声も楽曲も好きですが、あの低い声でしゃべるユーミンは

どうしても好きになれません。

   



posted by porigucci at 22:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック