2012年08月24日

真夏のビールといえば枝豆です

真夏のビールといえば枝豆です。

枝豆は夏野菜であり緑黄色野菜でもあります。

本来、枝豆は完熟させて大豆として利用されます。

大豆を若いうちに莢(さや)ごと茹でると、香ばしい香りと甘みが

あるので茶請けなどに利用されてきました。

(茶請けとは茶を飲むとき、一緒に出す菓子・漬物・果物などをいう)

大豆は大きく分けると、黄豆(青豆)、茶豆、黒豆があります。

いずれも若いうちに収穫すれば枝豆として味わえます。



最近はビールのつまみとして定着していることから、

枝豆専用の品種が多数登場しています。

枝豆の味は品種もさることながら、収穫から食卓に並ぶまでの

時間にも左右されるらしい。

一番の贅沢は家庭菜園から枝豆を抜いて、すぐに茹でて味わう

ことができれば至福の極みであるという。



枝豆には糖質を熱に変えるときに不可欠なビタミンB1や

肝臓の代謝を促すメチオニンがたくさん含まれています。

さらに枝豆には高血圧の原因となるナトリウム(塩分)の排出を助け、

利尿作用を促すカリウムを多く含んでいます。

カリウムは体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果的に

働きます。

夏バテの多くは食欲不振からくる栄養不足が原因であります。

ですから栄養豊富な枝豆をぜひお勧めしたい。

【関連する記事】
posted by porigucci at 23:52| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック