2012年06月02日

ホンダのCMから流れる「魅惑のワルツ」

ホンダ・フィットのテレビCMから流れる「魅惑のワルツ」は

どなたが歌っているのだろうと思いきや

それは亡き美空ひばりであったのです。

やはり歌姫といわれるだけあって

英語で歌っても歌唱力は抜群であると感嘆した。

 

「魅惑のワルツ」といえば

1957年のアメリカ映画「昼下がりの情事」で使われた優雅な

旋律の音楽である。

主演はゲイリー・クーパー と オードリー・ヘプバーンです。

映画はオードリー・ヘプバーン演じる好奇心旺盛で可憐な娘が

ゲイリー・クーパー演じる初老のプレイボーイを翻弄する話です。

そして、この映画が歴史に残る恋愛映画であることを初めて知りました。

  

「魅惑のワルツ」はアメリカのジャズ歌手ジェーン・モーガン

が歌って大ヒットした楽曲です。

バラードの天才、ナットキング・コールもこの楽曲をカバーしています。

posted by porigucci at 23:40| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック