2012年05月03日

孫たちと登る久住山の風景

 001a.jpg 004b.jpg

長者原と牧の戸の第一展望台から眺める三俣山(みまたやま)。

三俣山といえば九重連山のシンボルと言っていいだろう。

山容がどこから眺めても三つの峰(実際は四つである)に

見えることからとても印象深い山である。

 006a.jpg 007a.jpg

沓掛山の大きな岩に登って喜ぶ孫たち。

 022a.jpg 023a.jpg

久住わかれ付近にある避難小屋。右は三俣山と天狗ヶ城の真ん中に
ミヤマキリシマの群生で有名な平治岳が小さく見える。

 025a.jpg   030a.jpg

三俣山と白い煙をはく硫黄山、久しぶりに久住山の頂上に立つ私。

 036a.jpg 037a.jpg

久住山の頂上から下山している孫(お兄ちゃん)。

 038a.jpg 048a.jpg

大きくくぼんでいるのは空池とそれに連なるは天狗ヶ城。
久住わかれから眺める北千里ヶ浜と三俣山。
北千里ヶ浜を右方向に下ると法華院温泉や坊がツルのキャンプ場
に行けます。

 053a.jpg   054a.jpg

久住わかれで孫たちと記念写真。

 055a.jpg 060a.jpg

今、登ってきたばかりの久住山に別れをつげる。
右は撮影している私の影が西日でなが〜くなっていておもしろい。
それにしても久住山と星生崎にのびる稜線のカーブの美しいこと。

 063a.jpg 064a.jpg

6月になればピンクのミヤマキリシマが咲きみだれることでしょう。
右は西千里ヶ浜で遊びながら下山する孫たち。

 068a.jpg 072a.jpg

秋になればすばらしい紅葉がみれる星生山の西斜面はまだ緑でなく
冬の景色である。
右は私の好きな沓掛山から眺める墨絵のような風景。

 073a.jpg   ミヤマキリシマ.jpg

沓掛山の東方向に生えているカラマツ林である。
以前は背の高い大きなカラマツがたくさんあって美しい
景色を醸し出していた。
しかし、台風などの影響で大きなカラマツが倒れてしまい
風景が一変している。
4月末のミヤマキリシマの状態はこんな感じである。

今回の久住山への登山は、牧の戸登山口からのもっとも
ポピュラーなコースである。
初めて久住山に挑戦される方は、このコースをおすすめします。
麓にはたくさんのホテルや旅館、キャンプ場があります。
もちろん温泉があちこちにありますよ!



posted by porigucci at 09:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック