2012年03月23日

若さと健康を保つ生き方の本が話題に!

  

ラジオで「50歳を超えても30代に見える生き方」という

アンチエイジングの本が話題になっていることを知った。

著者は医学博士の南雲吉則さんで、テレビによく出ていたと

思われる。

若さと健康を保つ生き方をするには、

早寝早起き、一汁一菜、腹六分目の食事、大豆がよい、

野菜も果物も皮ごと、魚(さんま、いわし、さばなどの青魚や海老、

たこ)をまるごと食べる。

肥満と喫煙が命を縮める。

塩分や甘いものは摂り過ぎない。

薄着と適度に歩くこと。

紫外線を浴びない。

ゴボウ茶を飲んでいるなどなど、若さと健康を保つには

どうすればよいかということを医学博士の立場で実践している。

ただし、自分が実行しょうと思えばかなりの勇気と継続が

必要だと思われます。



私の職務経歴書 南雲医師の場合
左斜め下
http://c.filesend.to/plans/career/body.php?od=110628.html
【関連する記事】
posted by porigucci at 23:51| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック