2012年03月14日

北原白秋が歩いた柳川の道

 649l.jpg 648l.jpg

旧柳川藩主・立花家の別邸「御花」から5分くらい歩いたところに

北原白秋の生家があります。

 652l.jpg 651l.jpg

北原白秋といえば日本の詩人、童謡作家、歌人というくらいは

知っていると思われます。

しかし、童謡などに興味のない人は知ってはいないだろう。

私は「からたちの花」やこのみちはいつかきたみち・・・と

歌われる「この道」が好きである。

 658l.jpg 678a.jpg

掘割に沿っているこの道路は「日本の道100選」の一つに

選定されている。

 679a.jpg 680a.jpg

北原白秋も多感な時にこの道を歩いていたのだろうか。

ただし、白秋の時代にはアスファルトではなく土の道で

あったであろう。

 681a.jpg 682a.jpg

「日本の道100選」に選定されているとはいっても、写真のように

ブロック塀があったりしてあまり趣がありません。

せめて生け垣(からたち)にしなければ駄目だと思います。

もし掘割がなければ何の変哲もない道路である。

「日本の道100選」というからには、誰が見ても美しくて

魅力のある道でなければならないと提言したい。

 683a.jpg 677a.jpg

    668a.jpg   669a.jpg


 
【関連する記事】
posted by porigucci at 23:44| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック