2012年02月22日

ポールがスタンダードナンバーを歌っている

最近、ラジオでポール・マッカートニーがジャズやミュージカル

などのスタンダードナンバーを歌っているのをよく耳にする。

というのも、今月に1920〜50年代の米ジャズや

ミュージカルの名曲のカバー集「キス・オン・ザ・ボトム」

を発表しているからだ。

ポールといえばボーカルはむろんピアノやギター、ドラムスまで

すべて自分でプレイしてしまうほどのマルチプレイヤーである。

にもかかわらず、今回はボーカルのみに徹しているから

おどろきである。

ポールは今年の6月で70歳である。

昨年はアメリカ人女性と結婚して、精神的に落ち着いたことも

スタンダードナンバーを歌う心境になったのだろうか。

そういえば、ロッド・スチュアートもスタンダード・ナンバー

のアルバムを出しているのだ。

ロックン・ローラーとして大成したスターも年を重ねると

スタンダード・ナンバーを歌ってみたくなるのだろう。
41yiHzl1vzL__SL500_AA300_.jpg 
  キス・オン・ザ・ボトム

posted by porigucci at 23:44| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック