2011年11月25日

かくれ冷え症にカイロや腹巻きを活用しましょう

女性の「かくれ冷え症」が増えているということで、

そのまま冷え症を放っておいては身体によくありません。

そのため、内臓の冷えをかんたんにチェックする

ことからはじめてみましょう。

先ず、手のひらをへその上に当てます。

次に手のひらをへその下に当てます。

そしてどちらが冷たいかを比べてください。

その結果、へその上のほうが冷たいと感じたら内臓が

冷えている可能性が高いといえます。

ただし、食後2時間以内は胃に血液が集まっているので

正確にチェックできません。

もし内臓が冷えていると感じたならば、

身体を冷やす服装は避け、使い捨てカイロや腹巻き

を活用しておなかを温めてください。

使い捨てカイロはへその下に1枚、その裏側にあたる

腰にも1枚貼ると効果的です。

ほかにも、半身浴や適度な運動を習慣にすることも

冷えの改善に効果があるようです。
【関連する記事】
posted by porigucci at 22:52| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック