2011年10月28日

「雨ニモマケズ」の歌を初めて聴いた

宇佐元恭一(うさもときょういち)がピアノで弾き語る

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の歌をラジオで初めて聴いた。

歌詞は宮沢賢治の詩、「雨ニモマケズ」そのままで、

作曲は福岡県出身のシンガーソングライター宇佐元恭一

である。

名前の宇佐元は、大分県宇佐市の宇佐八幡宮と

関係があるらしいことをラジオで話していた。

それにしても、ピアノで弾き語る「雨ニモマケズ」は

佳曲である。

個人的には同じ福岡県出身のMISIA のカバーで、

この「雨ニモマケズ」を聴いてみたいものだ。
posted by porigucci at 23:10| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック