2011年08月04日

健康なアスリートが30代で心筋梗塞

今日、34歳のサッカー選手松田直樹さんが心筋梗塞で

亡くなりました。

健康なアスリートが30代で心筋梗塞になるのは珍しい

と医師団のコメントが出されていました。

しかし、医師にしては不勉強な面があります。

最近の若者は、ファーストフードをはじめ食べ物の西洋化が

どんどん進み、アスリートを含め心筋梗塞の予備軍がたくさん

潜んでいることを認識していないようだ。

そして、プロサッカーチームにAED(自動体外式除細動器)

を備えていなかったことも松田選手を救えなかった一因であろう。

原発事故による家畜の稲藁(いなわら)や腐葉土に放射性物質の

汚染が判明し大変なことになっている。

本来、原発事故が起きてから国の関係機関が的確な情報を

流しておれば、被害は最小限にとどめることができたのに。

いずれにしても、対応が後手後手になっていることに

腹立たしいかぎりである。

松田直樹さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

【関連する記事】
posted by porigucci at 21:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック