2011年07月14日

ねずみもちという名前がおもしろい

 003c.jpg

ねずみもちの小さな白い花が満開である。

それに「ねずみもち」という名前がおもしろい。

「ねずみもち」の名前の由来は、

果実が黒く熟してネズミのふんに似ていることと、

葉が「もちのき」に似ていることから「ねずみもち」

とつけられたそうです。

 bee.jpg

「ねずみもち」の白い花に蜂がとまって蜜を吸っている。

果実は冬になると黒く熟します。

それを女貞子(じょていし)と呼び、漢方薬に利用されるという。

   004g.jpg

ねずみもちを生け垣に利用しており緑がたいへん美しく、

涼しげな感じである。

posted by porigucci at 21:24| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック