2011年06月14日

ダニは意外な場所に集まる

今日のテレビ朝日の番組、「たけしの家庭の医学」は

ダニとカビがテーマであった。

ふつう、ダニといえばふとんやカーペットなどに潜んでいる

とお思いでしょう。

それが意外な場所に潜んでいるというよりも侵入していると

いったほうが正しいだろう。

ある家庭でお好み焼きを作って食べたお母さんと

娘さんが30分後にアナフラキシーショックで倒れ

救急車で運ばれたのである。

原因は古い使いかけのお好み焼きの粉の中にダニが

いっぱい侵入していたというからおどろきです。

ダニは熱を通して死滅してもアレルギーを引き起こすという。

では何故ダニが侵入したのかといえば、お好み焼き粉の成分に

エビやカツオブシが含まれており、それらはダニの大好物だった

のである。

いったん、お好み焼き粉を開封し使ったあとに輪ゴムで留めて

保存していたらミリ単位のダニはいとも簡単に侵入していたのである。

侵入はお好み焼き粉だけでなく使いかけのいりごまや開封した

お菓子などにも侵入するというからやっかいである。

ですから、使いかけのお好み焼き粉やいりごまなどの開封した

ものは冷蔵庫に入れる。

冷蔵庫に入れないのであれば、タッパーに入れてそれを

さらに大きなタッパーに乾燥剤を入れて保存するとよい

そうです。

それにしてもダニは本当にやっかいな生き物である。

詳しくはこちらから
http://kenko.asahi.co.jp/broadcast_dtl.php?broadcastId=
posted by porigucci at 22:19| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック