2011年04月11日

小倉の足立山麓はまるで京都のようだ

ここは小倉(北九州市)の足立山麓にある小倉藩(小笠原家)

の菩提寺「広寿山福聚寺」である。

ちなみに、この写真を人に見せるとほとんどの人が京都なの?

という答えが返ってくるほど風光明媚なお寺である。

特に桜の咲く季節がすばらしい。

  017a.jpg 016a.jpg

  009a.jpg 005a.jpg

広寿山福聚寺(こうじゅざん・ふくじゅじ)の境内には、

しだれ桜が植えられている。

その満開のしだれ桜を女性がデジイチを構えてアングルを

真剣に探していた。

     006a.jpg 004a.jpg

  015a.jpg 011a.jpg

  012a.jpg 013a.jpg

真っ赤な椿と淡いピンクの桜と新緑のコントラストが

とても気に入っている。

  007a.jpg 018a.jpg

水鉢いっぱいに桜の花びらが埋め尽くし、その中に落下した

一輪の紅い椿が風流な趣を醸し出している。

門の瓦に刻まれた小笠原家の家紋である三階菱が

歴史をしのばせる。

posted by porigucci at 21:49| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック