2011年01月11日

鏡開きはぜんざいを作って食べます

きょうは鏡開きです。

鏡開きの日には今年1年の一家円満を願いながら、

神様に供えた鏡餅〔かがみもち〕を

お下がりとして頂きます。

鏡餅は切らずに木づち等でたたいて割り、

細かくし、焼いてぜんざいやおしるこにして

いただきます。

  azuki.jpg

その前に、写真のように小豆(あずき)を

仕込まなければなりません。

小豆の種類も大納言、中納言、白小豆、黒小豆

などがあります。

今回の小豆は北海道産です。

日本おける小豆は北海道で60%生産されている。

小豆の約20%はタンパク質で、栄養価が高いほか、

赤い品種の皮にはアントシアニンが含まれ、

亜鉛などのミネラル分も豊富である。

だからといって、ぜんざいやおしるこを

食べ過ぎすぎないように!
【関連する記事】
posted by porigucci at 22:02| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック