2010年12月22日

年越しそばの言い伝えと食べ方

あと9日寝ると大晦日(おおみそか)である。

大晦日といえば、「年越しそば」です。

昔から大晦日に「細くて長い蕎麦(そば)を食べると

長生きする」と言い伝えられています。

一方、関西圏では「太く長く」を願って

うどんを食べるそうです。

また、関東甲信越の一部の地域では年が明けてから

そばを食べる習慣があるという。

そして蕎麦の種類は、かけ、ざる、入れる具材などの

食べ方に決まりはないそうです。

posted by porigucci at 23:20| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック