2010年12月09日

松ぼっくりはおもしろい形をしている

さすがに12月の北九州は寒く、

冬の季節を実感せざるを得ない。

街路樹の銀杏は黄金色の葉を散らしている。

場所によってはすでに葉のない枝木の状態である。

ある日、散り積もった銀杏の葉の上に松ぼっくりが

落ちてきた。

  215s.jpg  

松ぼっくりをよく観察するとおもしろい形を

しているものだ。

写真をクリックして拡大するとよくわかります。

この松ぼっくり、鱗片があまり開いていない。

松ぼっくりは松かさ、松ぼくりとも呼ぶそうです。

あなたは知っていましたか。

松ぼっくりは、色を塗ってクリスマスツリーの

飾りものにしたり、子どものおもちゃにしたり

することができますよ!

posted by porigucci at 20:14| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック