2010年09月08日

津和野は武家屋敷に鯉が泳ぐ

tuwano.jpg

きのう、「SL山口号を津和野まで追っかけた」

ということを日記で披露しました。

津和野は山陰の小京都と呼ばれ、山間(やまあい)の

静かな城下町です。

tuwano2.jpg

津和野といえば、武家屋敷の掘割りに鯉が泳いでいる。

tuwano3.jpg

また、文豪・森鴎外の生家と本名・森林太郎と刻み込まれた

お墓があります。

その鴎外は小倉(北九州市)で軍医として赴任していた経緯があり、

とてもゆかりが深い。

tuwano4.jpg

写真のように古い重厚な作りの酒蔵が軒を連ねており、

店内もおしゃれな雰囲気で興味をそそられた。

車でなければ、日本酒を一杯飲みたかった。

他にも太鼓谷稲成神社や安野光雅美術館などの名所旧跡や

文化施設があります。

genjimaki2.jpg

おみやげは「源氏巻き」で、こしあんをカステラ状の生地で巻いた、

あん巻です。

程よい甘さとしっとりした食感が美味しい。

もし、津和野に旅行を計画されるのであれば、

五重塔の山口市と武家屋敷と明治維新で有名な萩(山口県)を

日程に入れることをおすすめします。


【関連する記事】
posted by porigucci at 23:57| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ・ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック