2010年07月31日

ビールのおつまみといえば枝豆です

ビールのおつまみといえば、何はさておいても枝豆ですね。

枝豆は夏野菜であり、本来は完熟させて大豆として利用されます。

大豆を若いうちに莢(さや)ごと茹でると、香ばしい香りと甘みが

あるのでお茶請けなどに利用されてきました。

大豆は、大きく分けると、黄豆(青豆)、茶豆、黒豆があります。

いずれも若いうちに収穫すれば、枝豆として味わえます。

最近は、ビールのおつまみとして定着していることから、

枝豆専用の品種が多数登場しています。

枝豆の味は、品種もさることながら、収穫から食卓に並ぶまでの

時間にも左右されます。

一番の贅沢は、家庭菜園から枝豆を抜いて、すぐに茹でて味わう

ことが至福の極みであるという。

枝豆は、糖質を熱に変えるときに不可欠なビタミンB1や

肝臓の代謝を促すメチオニンがたくさん含まれています。

完熟すると失われるビタミンCもいっぱいです。

また、カロリーも高いので夏バテ解消にもすぐれています。

【関連する記事】
posted by porigucci at 23:05| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック