2010年07月27日

ヒマワリは夏の季語です

     006.JPG

ヒマワリ(向日葵)といえば、ビンセント・ヴァン・ゴッホや

マルチェロ・マストロヤンニとソフイヤ・ローレン主演の

映画「ひまわり」がすぐに思い浮かんできます。

美しく哀愁漂う映画音楽は「ティファニーで朝食を」や

「ピンクパンサー」などで知られるヘンリー・マンシーニが

担当している。

     001.JPG

あなたもご存知のように、ヒマワリは夏の季語である。

季語は季題(きだい)とも言い、俳句に必ず1つ含まれること

が望ましいとされる、季節を象徴的に示す語(ご)である。

映画「ひまわり」は暗い感じであるが、

ヒマワリの花自体は、まったく暗いイメージはありません。

なにしろ、ヒマワリは日回りとか日輪草とも呼ばれ、

太陽の花というイメージがピッタリだからです。

また、楽天イーグルスの前監督野村克也は、

「長嶋茂雄はヒマワリで、ワシは月見草」であるという名言を

残しています。
【関連する記事】
posted by porigucci at 23:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック